対応害獣

ひょっとしたらあなたのお家にも!?
不安や異変を感じたら
ハウリーフにご相談下さい

害獣を見つけても勝手に駆除したり捕まえようとしないでください。
菌などを持っていることもあり大変危険なうえ、鳥獣保護法に触れてしまうことがあります。
異変を感じたら、速やかにプロに相談することをお勧めしています。

ハクビシン

ハクビシン

ハクビシン(白鼻芯:体長が約90~110㎝近く)は、日本に生息する唯一のジャコウネコの仲間です。額から鼻にかけての白い線が特徴的です。
クリッとした目でアライグマにも似たかわいらしい見た目でではありますが攻撃性のある野生動物です。 夜行性で行動し昼はねぐらとなる暗い場所に潜み夜に餌を求めて移動します。 器用な手足を使った木登りを得意とし、高いところにある木の実を食べることから屋根裏や天井裏を住処にしています。

ハクビシンは棲家を転々と変えるため住宅の被害が多く見られます。 屋根や壁に穴があれば、そこから侵入して屋根裏をねぐらとして使用し一軒家やお寺などは恰好の住処となります。 屋根裏や天井裏で糞尿をして異臭や害虫を発生させる原因となり、家の柱などを破壊することもあります。 ほっておくと被害が悪化していく一方なので早めに手を打つ必要があります。

山にはたくさんのノミやダニが生息しハクビシンはそれらを家屋に連れてきてしまいます。 また、騒音やフン尿、ダニ・ノミの発生、さらには感染症の被害を及ぼすおそれのある害獣です。 毛に付着していたノミやダニから来るものと、排泄物から来るものの2通り注意が必要です。

イタチ

イタチ

イタチ(体長が約30~40㎝近く)は、主に在来種のニホンイタチと外来種のチョウセンイタチです。
見た目は可愛らしい中型動物ですが、肉食系の雑食です。家畜のニワトリへの被害も深刻で小屋の中のニワトリにも襲いかかって捕食します。 果実類なども好物で、果樹園の農地などへの被害も見られます。作物や家畜への食害のみならず、建物の屋根裏や床下に住みついたイタチのおしっこやフンによる悪臭といった二次的被害も深刻です。

また、悪臭の被害に注意しなければなりません。 イタチが住み着くと、屋根裏などに糞や尿が溜まり、強烈な悪臭を放ち、家やその周辺に広がった激しい悪臭により、中には家の中にいられないと訴える方が続出するほどです。 また、鋭い歯と爪を持った凶暴な害獣ですので噛まれるなど怪我をしてしまうこともあります。

基本的には夜行性ですが、えさを求めて昼間でも活動していることがあり気を付けなければなりませんイタチを見かけても絶対に近づかないようにしてください。 イタチは病気の原因になる菌やウイルスを持っている可能性があり、噛まれたり引っ掻かれたりすることで場合によっては命に関わる怪我につながることもあるので要注意です。

アライグマ

アライグマ

アライグマ(体長が約40~60㎝)は警戒心があまりなく、人の住む家の近くまで平気でやって来ます。 また、家屋の屋根裏に住み着くこともあり住み着かれると、垂れ流さす糞尿などが悪臭の原因となります。

アライグマが天井裏を走り回り天井板が破損したり糞尿で腐食したりとさまざまな被害が発生します。 繁殖力が強く1回の出産で3~6頭の子供を産み、2年で性成熟します。 日本には猛禽類等の天敵がいないため、人間に捕まらない限りは増えていく一方です。

アライグマは夜行性のため、夜に行動します。可愛い見た目とは逆に凶暴な動物です。
駆除しようとした人間に対して噛み付くこともあり素人の方が駆除を行うのは、噛まれたり引っかかれたりした場合は感染症を発病することもあるためすぐ病院へ受診してください。

ネズミ

ネズミ

ねずみは主に3種類あり

  • ドブネズミ(体長が20~25cm)体重:200から450グラム巣は屋外や床下に多く、時に台所内にも作ります。
  • クマネズミ(体長が15~20cm)体重:100から200グラム巣は天井裏や壁の内側など屋内に多い。
  • ハツカネズミ(体長が5cm程度)体重:10から20グラム

秋から冬にかけて農家や納屋に侵入し、縁の下や外壁と内壁の間などに住みつきます。 野生のネズミは我々の生活や健康を脅かす害獣の代表格です。

ネズミはさまざまな菌を持っており、それが人の体内に入ることによって感染してしまい、最悪の場合死に至る恐れもあります。
また、健康的な被害だけでなく、荒らされた建物の修繕費用など経済的にも被害が及びます。

ネズミは何でもかじってしまいます。電気機器の配線をかじったことが原因で漏電が起きたりショートして火災が起きたりすることも少なくありません。 建物には断熱材があり寒さに弱いネズミにとって、快適な住処を作るために必要な材料となります。 また、建材以外にも木製の家具を齧ったり、排泄物で布団を汚したりという被害も多いです。

前歯が伸び続けるネズミの歯はとても硬く一生伸び続けます! そのため、ネズミは毎日のように硬いものをかじらなければ歯が伸びすぎて、餌を食べることが出来なくなってしまうのです。 体表と体内に多くの菌を持っています。ネズミの糞尿を間接的に摂取したり、噛まれたりすることで感染症になる恐れがあります。

ネズミによる衛生的被害はネズミの体に寄生している病原菌やノミ、ダニ、シラミといった虫も人間やペットに損害を与えます。 ネズミが連れてきたダニが家に住み着き、増殖してしまうと2次被害にもなります。 人への感染だけでなく、ペットにも感染する恐れがあるため注意が必要です。

コウモリ

コウモリ

アブラコウモリ(体長4.1~6.0cm)は、超音波によって周辺の地形や餌を把握しエコーロケーションという能力を使うことで、暗闇の中も自由に飛び回ることが可能です。
コウモリの種類によっては、昼間でも活動をしているものもいます。

アブラコウモリは民家に住み着くことが多いため「イエコウモリ」とも呼ばれています。
アブラコウモリは1センチメートルの隙間があれば屋内に侵入することができ、民家の屋根裏や戸袋のなかで暮らしています。しかし、人間に悪影響を及ぼす雑菌・病原菌をたくさん持っているという大きな問題点があります。

コウモリが自宅の周りで出入りする姿を目撃しても、コウモリの巣穴は大変小さいため、見つけるのが大変です。 コウモリが住みついている屋根裏は、コウモリは大量の糞をして汚染されます、コウモリは群れで集団生活をする場合もあり、 コウモリの糞はどんどんと堆積していくため、堆積した糞が建材に染み込み建物が腐敗したり悪臭が発生し害虫なども発生し人に健康被害をもたらします。

屋根裏、天井裏にコウモリが住みついている場合、コウモリの糞を餌とするダニやゴキブリが発生することもありコウモリの死骸を餌とするねずみなどを呼ぶ原因にもなります。 コウモリはほっておくと屋根裏で次々に繁殖しつづけます。年々繁殖を続け夏に母コウモリが子供を産み、前年産まれたコウモリが翌年に子供を産むを繰り返し数年放っていれば、かなりの数に増殖するおそれがあります。

日本のコウモリが持っているかもしれない主な病原菌・寄生虫は「狂犬病ウイルス」「コウモリマルヒメダニ」などがあります。 コウモリは人間に対して多大な害を与える一面も持っています。